プロフィール

repisie

Author:repisie
FC2ブログへようこそ!

心臓病でサッカーはできなくなりましたけど、変わらず見るのも大好きなrepisieといいます。サッカー観戦のためなら寝不足で仕事に行きます。 Twitterもrepisieでやってます。こちらの更新情報などもつぶやいてます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
18310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
2495位
アクセスランキングを見る>>

Jリーグ特命PR部

Jリーグ2010特命PR部員 repisie

名古屋グランパス

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/12/03 (Sat) 17:25
【J特】Jリーグ34節 アルビレックス新潟vs名古屋グランパス

ちょっと所要で出かけていたため帰ってきてTVを付けた瞬間にキックオフとひやひやでした
今日も勝って浦和にがんばってもらって逆転優勝しましょう!!


正直見てるこっちが一番どきどきしちゃいますね
開始早々はホームの新潟が前線からプレスを仕掛けてペースを握ります
グランパスはやはり少しプレッシャーもあるのか直志や隼磨がいつもならしないようなミスを連発してひやひやします(; ・`д・´)

少しすると落ち着きましたがグランパスがポゼッションから攻め込むと
新潟は早いカウンターで対抗するといった展開でやや新潟の方が得点になりそうなチャンスが多い印象
グランパスは前節でも炸裂したセットプレーに突破口を見出したいところですね

そんななか29分
淳吾が左サイドをえぐってクロスを入れるとケネディがフリーでヘディングシュート
これを小澤選手がまさかのスーパーセーブ(´・ω・`)
絶対入ったと思ったのにな・・・(´;ω;`)ブワッ

この後はグランパスの攻勢が続く
しかし最後のところで新潟もやらせないので結局前半は0-0で終了
ただし、新潟は粘り強く守ってくるもののカードが多く前半だけで
ミシェウ(イエロー貰った後に退場になってもおかしくないプレーもあり)、ブルーノ・ロペス、
村上選手、菊池選手と4人も出てしまいました

ちなみにこの時点で浦和-柏は0-2
しかもシュート数0本対16本だった模様・・・
優勝は絶望的になりました(´;ω;`)ブワッ


それでもとにかく勝つしかないので点を取ってビッグスワンの鬼門もうちやぶしましょう
というわけで後半ですが両方とも交代なしで始まりました

まず最初のチャンスはグランパス54分に玉ちゃんがドリブルでつかっけて貰ったファール
ゴール前絶好の位置でのFKを玉ちゃんが直接狙います
これが壁を越えてポストに当たって入るという美しい弾道で先制ゴ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ル!!

続いてCKからまっすーがキーパーと競ってポストに当たったボールをヘッドで押し込みにいきますが
またポストに当てちゃってクリアされました(´・ω・`)

なかなか追加点が奪えないグランパス
直志に代えてムウ、淳吾に代えて永井を投入しなんとか追加点を狙いにいきます

86分にはミシェウが佳純にひじ打ちをしたととられ2枚目のイエローで退場
これだけ見るとちょっと可哀想な印象だけど今までのプレーも合わせてみられちゃったのかね

ただこの後ロスタイムに吉村が完全に体をいれて自分のボールにしていたにも関わらず
吉村がひじ打ちをしたとイエローとられたのでそういう審判なのかもしれません

試合はこのまま1-0で終了

そして柏は余裕で勝利で優勝を決められました・・・
悔しいですね



Today's Grampus MVP ☆玉田選手☆



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

<< セリエA第15節 ボローニャvsミラン | ホーム | セリエA13節 ミランvsキエーヴォ >>

コメント

repisieさん、再訪&コメントありがとうございます。
今シーズンは、終盤4強→3強と言われる中、熱戦を闘わせていただいた結果的に、ホンのわずかに…という結果だったと素直に思います。
また、来るシーズンもお手合わせの程よろしくお願いします。


>unoさん
コメントありがとうございます
今シーズンは最終戦まで本当に気が抜けない展開でしたよね
来シーズンもJリーグがこうやって盛り上がったなかでまた優勝争いしましょう(∩´∀`)∩


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。